全国大会


第44回全国大会



■ 第44回全国大会大会プログラムダウンロード



■ フルペーパープログラムダウンロードサイトへ
フルペーパープログラムダウンロードサイトに移るさいに ユーザーIDとパスワードが要求されます。 ユーザーIDは、kaiin としてください。 パスワードは、会員のみなさんに郵送でお送りした「大会のご案内」文書の最後のページに書いてあるパスワードをいれてください。

-----------------------------------------------------

日本原価計算研究学会
会員各位



盛夏の候、会員の皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、このたび、私ども早稲田大学におきまして日本原価計算研学会第44回全国大会を開催することになりました。今回の大会では、統一論題を「ビジネスモデル構築におけるリスクアセスメントと会計情報」といたしました。ビジネスモデルの転換の必要性が叫ばれる昨今、その際の喫緊の課題となるリスクアセスメントにおける原価情報の活用をテーマに、座長を大阪学院大学教授の山本浩二先生にお願いし、報告者は、関東と関西の研究者に実務家を加え、多様なアプローチを展望していただくようお願いいたしました。活発な討論が展開され、実りある統一論題になるものと確信しております。
また、今回の大会では、企業の事例を紹介したい、あるいは学会誌へ投稿する意思はないが、学会報告をして自分のアイデアを知ってもらいたいといった会員のニーズに応えるための企画としてショートセッションを設けるなど新たな試みにもチャレンジしております。願わくは、今後の大会の一つのモデルとならんことを、準備委員会一同祈念しております。
多数の会員の皆様のご参加を、早稲田の杜にてお待ちしております。

2018年7月吉日

日本原価計算研究学会
第44回全国大会準備委員会
委員長   伊藤嘉博 
委 員   清水 孝 
委 員   清水信匡 
委 員   鈴木孝則 
委 員   西山 茂 
委 員  長谷川惠一
委 員   山根 節 
(50音順)

自由論題とショートセッションについて

 今年度の大会におきましては、通常の自由論題とは別に、報告時間が10分程度の「ショートセッション」を設けることにいたしました。自分の会社の事例を紹介したい、学会誌へ投稿する意思はないが、学会報告をして自分のアイデアを知ってもらいたいといったニーズにこたえるもので、かならずしもアカデミックな報告である必要はありません。ショートセッションの報告者はフルペーパーを提出する必要はございません。

過去の全国大会